終活時には葬儀の生前相談をしておこう【業者の特徴を要チェック】

家族葬の要望

女性

最期の時間を大切する

大切な家族を失うと、最期の時間を少しでも遺族だけでゆっくり過ごしたいと考える人が増えています。通夜や告別式など、親しい友人や親戚の人で出入りが多くなると、悲しみから気持ちも塞ぎがちな状況でおもてなしをしなければなりません。最近ではこのような家族の負担を軽減させたいと、生前から家族葬を遺言として希望する人がいます。横浜市の葬儀社では、遺言を元に家族葬がしっかり行うことができるようにサポートしてくれます。家族葬の場合、親族だけでなく近隣の人にも訃報を知らせますが、香典や供花、弔電を辞退する旨を伝えます。また、家族葬のため参列をお断りする旨を伝えましょう。故人の遺言や家族葬の要望を伝える事で相手に失礼のない伝言がにしましょう。万が一それでも参列に訪れた場合には、四十九日法要が終わってから挨拶状や返戻品を送付して失礼のないようにしましょう。横浜市の葬儀社では葬儀の際に立てかける看板を外し、外からわからないように配慮してくれます。また、横浜市に住む僧侶へ読経の依頼を合わせてしてくれます。告別式では参列者への挨拶やおもてなしで忙しくなりますが、その時間を別れの時間に使うことができます。受付や返礼品の用意もいらないので、身体的にも精神的にも負担が軽減します。横浜市の葬儀社では家族葬の後、火葬場の手配もしてくれます。火葬場へは納骨時に埋葬許可書と骨壺が必要になります。葬儀社があらかじめ声を掛けてくれるので心配せず貴重な時間を過ごしましょう。

Copyright© 2018 終活時には葬儀の生前相談をしておこう【業者の特徴を要チェック】 All Rights Reserved.